何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】

サイトメニュー

ストレス以外の原因

男医

日本人に多いうつ病は体の病気以外にも日本人を悩ませる厄介な病です、うつ病を発症させる原因として特に有名なのがストレスです。しかしうつ病が発生する原因は実はちゃんと分かっているわけではありません。なので、うつ病を発症させる原因が一つきりとは限らず色々な理由が重なりあって発症すると現代では判断されています。うつ病の原因にはどんなものがあるのでしょうか?
うつ病の原因の一つとしてまず挙げられるのが以外にも遺伝によるものが原因として有力視されています。自分の両親のどちらかや兄弟、親族間にうつ病患者がいると血の繋がりがある他の家族でうつ病が発生する確率が1.5倍から3倍ほど発症する可能性が高くなります。必ずしもうつ病が発症するとは限りませんが、うつ病と遺伝の関係性はゼロではない事が分かります。うつ病になる原因は複雑な事が重なって起きるので、家族にうつ病がいても必ず発症するとは限りませんが、他の人よりも発症しやすい可能性は高いです。

職業によって人間の運動量は変わってきます。一日中動き回る仕事もあれば、デスクワークの為ずっと椅子に座っての作業を続ける人もいます。立ち仕事や体を酷使する仕事の場合腰に負担が掛かりやすく腰痛を患っている人も多いです。一方のデスクワークの場合は肩や首に負担が掛かり体の凝りの原因にもなります。体の不調を放っておくと疲労感で脳の動きも鈍ってしまいノルアドレナリンやセロトニンが脳で正常に分泌されなくなってしまいます。この物質は意欲や気分に関係する大切な物質の為正しく分泌されないとネガティブ思考や何にも興味がわかないといった気持ちになりやすくなります。体の不調にも気を配る必要があります。

現在、多くの企業において、うつ病やパニック障害および自律神経失調症などによる従業員の労働力の低下が問題になってきています。従業員は鬱病になってしまうと注意力や集中力が低下することから、仕事上でミスが増加したり、作業効率が極端に低下したりという問題が起こってきます。 1人分の従業員の労働力が3分の1の労働力にしかならないようなケースもあります。しかし、企業内におけるうつ病の問題はそれだけではありません1人のうつ病患者が従業員にいた場合には、その個人の労働力の低下により、チーム全体の労働力の低下につながってきてしまうのです。なぜなら、うつ病の患者の従業員が注意力や集中力の低下によって何らかのミスをした場合には、他の従業員がそのフォローをしなくてはいけなくなるためです。ただでさえ忙しい世の中の業務において他人の業務までフォローしなくてはいけないような状況になった場合には、従業員全体が過密労働によってストレスが増えてきてしまいます。なぜなら、うつ病の患者の従業員が注意力や集中力の低下によって何らかのミスをした場合には、他の従業員がそのフォローをしなくてはいけなくなるためです。ただでさえ忙しい世の中の業務において他人の業務までフォローしなくてはいけないような状況になった場合には、従業員全体が過密労働によってストレスが増えてきてしまいます。

Copyright© 2019 何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】 All Rights Reserved.