何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】

サイトメニュー

うつ病治療について

悩む女性

うつ病の治療はまず休養を取る事から始まります。うつ病は心と体が疲れている状態なので、疲れた心と体を癒さない事には他の投薬やカウンセリング治療を行っても効果が出ません。責任感の強い人はうつ病と診断され休養を申告されても十分に休む事ができない人が多いです。休養の為に仕事を休んだり、家事を行わない事に罪悪感を抱いてしまいやすいからです。この罪悪感を取り除く為には、家族やパートナーが医師から症状についての説明をしっかり受け理解する事が大切です。そして休んでもよいのだと提案を相手に伝えましょう。信頼できる人からだと本人も納得しやすくまた責任を果たせないという罪悪感からも解放されるので休養がしやすくなります。生活状況で休養していても家事や仕事が気になるようであれば、入院をするという手段もあります。うつ病の治療は効果がすぐに表れにくいので続ける事で治療の効果が出始めます。入院を行うと治療への意識が向きやすく専念しやすいです。お金と時間に余裕がある人は治療に入院という方法がある事も覚えておいてください。入院はあくまで任意なので、本人の同意なしに強制的に入院をさせるのは危険です。無理に行うと本人に強いストレスを与えてしまい、うつ病の症状が悪化してしまう原因になります。悪化してしまう事によって折角沸き起こっていた気持ちもまた何にも興味がわかないといった状態へ逆戻りしてしまいます。うつ病とどう向き合い、どんな治療を進めるのかは本人が決める事なので周りの人はその気持ちを尊重してあげましょう。

Copyright© 2019 何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】 All Rights Reserved.