何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】

サイトメニュー

うつ病には種類がある

男性

うつ病は心の病として有名ですが、種類があるのを知っていますか?うつ病といってもそれぞれ違いがあり種類によってはうつ病と分かりにくいものもあります。うつ病の種類はまず大うつ病性障害、気分変調性障害、双極性障害、仮面うつ病、非定型うつ病、退行期うつ病、仮面うつ病、微笑みうつ病、マリッジブルー、季節性情動障害、産後うつ病などがあります。種類が多いので専門家でも判断するのが難しいです。うつ病で特に有名なものは大うつ病性障害です。大うつ病性障害の特徴はまず抑うつ状態になる事の他に喜びを感じなくなったり何にも興味がわかないなどの症状が出ます。子の症状は基本的に夜よりも日中に出る事が多いです。この症状が二週間以上と続くので、気づく人は気づきやすい症状ではあります。気持ちがネガティブに傾きがちなので、あらゆる物事が自分にとってマイナスに考えがちになってしまい、何でもない事でも大きなマイナスと捉えてしまいやすいです。マイナス思考は強い自己否定をも生みます。その為、自分は生きていてはいけない死んだ方がマシだと常に自殺願望に悩まされる事になります。
昔は精神病に対しての認識が薄かったですが、現代はうつ病への理解が広まっている為治療法も確立され始めています。うつ病の治療は一つきりとは決まっておらず患者の状態によって治療の仕方も異なります。どのような治療があっているのかを探しながら症状を少しずつ直していくのが今のうつ病治療の方法です。

Copyright© 2019 何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】 All Rights Reserved.