何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】

サイトメニュー

投薬と心理的療法

女性

現代では薬の知識が広く広まっており、病院受診をした時に貰える薬にもしっかりと副作用についても明記されています。初めての精神科受診、初めての処方薬だと本当に信用して良い薬なのかと疑ってしまいますよね?処方薬は医師の指示をしっかり守りちゃんと服用すればしっかりと薬の効果を得る事ができます。現在診断されているうつ病の症状は薬で改善する事ができます。うつ病治療に使われる治療薬の事を抗うつ剤と呼びます。抗うつ剤はうつ病によって乱れた脳内神経伝達物質のバランスを元に戻す事ができます。飲み続ける事で効果を発揮するので二・三日飲んだからといって効果が出るわけではありません。一週間を過ぎても効果を感じないからと飲むのを止めてしまうと効果を得られず逆に薬の副作用に苦しめられるだけとなってしまいます。薬に不安のある人や薬の量を調整したいという人は医師に相談しましょう。薬を自己判断で減らしてしまうのもよくありません。

うつ病の治療として心理的治療や精神療法というものがあります。心理的治療は薬をできるだけ使わないようにし、訓練や交流を通して患者の考えや気持ちに働きかけを行う治療方法です。カウンセリングも心理的治療の1つです。医師やカウンセラーのような他人に自分の気持ちを話す事で気持ちの生理や自分が抱いている感情を再認識できたり、自分の気持ちを相手に話す事ができるようになる事を目標にしています。カウンセラーと話をする事で何故自分が何にも興味がわかないのかという感情の生まれる理由なども理解する事ができます。

一般的には、うつ病の治療する場合、ある薬を一定に服用しても治療効果が現れないようであれば、違う薬に切り替えるものです。しかし、うつ病の症状が和がないにもかかわらず、薬を買えなかったり。また、あるいは薬を変えたとしても合わない薬だったということが原因でうつ病はなかなか治らないという例があります。またうつ病の治療法は薬物療法だけではなく、電気治療を実施する病院も存在します。この治療方法は主に対して微弱な電気を通す治療方法で、特に痛みはありません。もし、長年薬物療法をしていてうつ病が治らないようであれば、担当の先生に薬物療法のを含めて治療方法について相談をしてみるのも良いと思います。治療を行っても症状が改善しない場合はセカンドオピニオンを試してみるのも1つの手かもしれません。

Copyright© 2019 何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】 All Rights Reserved.