何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】

サイトメニュー

意欲を下げる原因

看護師

うつ病によって何も興味がわかないのには理由があります。うつ病になると脳神経伝達物質が異常を起こしてしまいます。幸せホルモンと呼ばれるセロトニン以外にもノルアドレナリンの働きも悪くなってしまいます。ノルアドレナリンの働き低下によって調整機能に狂いが出てしまうと興味の消失や、やるきの減退、身体の倦怠感がでてしまいます。うつ病は見た目には分かりにくい病気なのでこのような症状に悩んでいても本人も周りも異変に気付きづらく、活動に支障が出ても怠けているのでは?思われがちです。うつ病を発症している本人もよく分からないままとにかく直さなくてはと焦り何かしようと頑張りますが、症状を改善する事ができずできない自分を責める事によりうつ病が悪化してしまうという悪循環ができてしまいます。うつ病を発症する人は怠けている人とは正反対の人が多く周りに合わせすぎたり、頑張りすぎてしまう人が発症しやすく脳が休みを欲している証拠です。放っておくと打つ症状が悪化してしまい、最悪の事態になりかねないので、一度頑張っていた心を休ませ十分な休息をとる必要があります。うつ病を改善させるには投薬治療と休息が治療のメインになってきます。うつ病の人が、しっかりと休むためには自分の意識も大切ですが、周りからのサポートも大切になってきます。もし家族にうつ病を患っている人がいる時ははうつ病という病気をしっかり理解する事が必要です。いつもと少しでも様子が違う場合は、よく観察し話を必要な時は病院受診をすすめるようにしましょう。

Copyright© 2019 何も興味がわかないのはうつの症状?【心当たりのある人は精神科へ】 All Rights Reserved.